60 view

日本の宇宙系スタートアップのシンスペクティブ製造の衛星をRocket Labが軌道に運ぶ | TechCrunch Japan

資金的に余裕のある日本の宇宙系スタートアップ「シンスペクティブ」は、最初の地球観測衛星を軌道に乗せるため、打ち上げプロバイダーRocket Labと契約した。実際の打ち上げは2020年後半に予定されている。その際は、同社の衛星StriX–αが唯一のペイロードとなるため、投入軌道や打ち上げ時間帯の自由度は大きい。

  • クリップ0

コメント